Acoustic

  • Emmanuelle Parrenin
    Maison Rose CD

    1,000円

    USED仏産フィメール・アシッド・フォーク最高峰とも謳われる Emmanuelle Prrenin の1977年作。クセナキスに師事した同国の電子音楽家 Bruno Menny がプロデュースを務め、単なるフォークに収まらない微睡むような幻想性に包まれた名作アルバム。2006年リイシューCD。

  • Laura Baird
    I Wish I Were A Sparrow LP

    2,704円

    Espers の歌姫 Meg Baird のお姉さん、姉妹デュオ The Baird Family でも活動するシンガーソングライター Laura Baird のソロ・デビュー・アルバム。アパラチア山脈に歌い継がれる伝統的フォーク・ミュージックに根差した素晴らしい歌い手です。

  • Bill MacKay, Ryley Walker
    SpiderBeetleBee LP

    2,720円

    これ良いです。ブリティッシュ・フォークやアメリカン・プリミティブへの情景を軸にしながら、インドのラーガやラテン・フォークロアへのアプローチも感じさせる味わい深いアコースティック・インストゥルメンタル。

  • Vashti Bunyan
    Just Another Diamond Day LP

    2,542円

    この作品に出会って何年経ったかは分かりませんが、未だにどうしても聴きたくなる時が年に数回あります。ブリティッシュ・フォーク / トラッドの枠を飛び越えて全音楽ファンが恋をした Vashti Bunyan の1970年歴史的名作デビュー・アルバム。

  • Roger Eno
    This Floating World LP+CD

    3,162円

    名盤誕生。Brian Eno の実弟として知られ、85年の単独デビュー作『Voices』や Laraaji とのコラボレイション『Islands』などアンビエント脈で見過ごすことの出来ない名コンポーザーでもある Roger Eno の新作アルバム。Sean McCann 主宰レーベル Recital からというのに驚きつつ、深く納得です。

  • Mike Cooper
    Raft LP

    3,162円

    かの名盤『Rayon Hula』を想起させる南太平洋・伝統音楽への探求。まるで Arthur Ryman と Lol Coxhill と Keith Fullerton Whitman がセッションしているようなアンビエント・エキゾチカ路線の大傑作盤。

  • Alexis Georgopoulos & Jefre Cantu-Ledesma
    Fragments Of A Season LP

    Sold Out

    うわ、これ素晴らしい。Steve Hiett『渚にて…』にも通じるメロウ・ギターとシンプルな打ち込みが波打ち際のチルアウトを演出するバレアリック・アンビエント・ジャズ。

  • Rob Noyes
    The Feudal Spirit LP

    2,260円

    2016年、極一部のギター・ファンの間で話題となり、アナログ初版は即完売→レア化していた Rob Noyes のソロ・デビュー・アルバムがリプレスされました。

  • Scott Tuma / Nevada Greene
    Ragged Hollow 12"

    2,650円

    Scott Tuma x Nevada Greene による絶品アンビエント・フォーク・スプリット。

  • Plinth
    Wintersongs LP

    Sold Out

    英国式田園牧歌フォークの香り、ニューエイジな鮮やかさ、アンビエントの冷えた空気をまるっと包み込む Plinth の名作ヴァイナル版が待望のリプレスです。元は 2001 年にCD-Rで出版され、その後 2014年に Kit Records が初ヴァイナル化、現在では入手困難となっていたもの。

1