Skip to content

Cart

Your cart is empty

Kojun
The Water Garden

Sale price¥3,630
  • Label
  • EM Records
  • Format
  • LP
  • Country
  • Japan
  • Released
  • 2023
  • Style

Description

「平和なアジア」の心象風景を託した琉球電子サロンミュージック。この二つとない逸品『水中庭園』(1993) の発表30周年を祝した初LPリリース。ボーナス曲を加えてお届けします!!

沖縄の音楽家、コージュンこと國場幸順(こくば こうじゅん)は、70年代から数々のバンドと関わって「裏方のコージュン」と呼ばれ、80年代半ばに六人組という幻のバンド(※註)を作ったことで一部に知られる。この『水中庭園』は、琉球王朝交易時代に着想をえた「平和なアジア」をイメージした「BGM」を作ろうと制作着手された作品だが、予期せぬコンサートバンド結成(のちの六人組)のため制作は中断。その後、バンドが消滅してプロジェクトが白紙に返ったものの、彼は機会を待ち1993年に本作を完成させた。

『水中庭園』は、沖縄をルーツとしながら広くアジアの音楽にも影響されており、アジア各地の伝統的音階に由来するフレーズを重ね、改変し、典型的な西洋の和音ハーモニーの動きを排除した点に大きな特徴がある。電子楽器とマルチトラックを使い、彼いわく「線を積み重ねる」ようなメロディー集積の実験は、沖縄からアジア世界へ新しいエネルギーを拡散させることを目指したかのようだ。そのすがすがしさと不思議さ、楽しさと色気のユニークな混合物であるサウンドはアジア由来の音階を束ねた結果に思われる。シンセとドラムマシンを駆使して心地よく特徴的なリズムを刻んでいるが、それはダンスフロアのためではなく、テクノロジーを駆使した「BGM=軽音楽」としての電子サロンミュージックをイメージしている。

國場のいう「平和なアジア」とは、海上交易で繁栄した近世以前の東アジア~東南アジアの営みを想像したもので、そのネットワークでは物だけでなく音も行き来し、どの音楽(音階)も新しく「ポップな」ものとして迎えられたと彼は思い描く。

取り置きできます

お取り置き可能です。商品代金先払いの場合は取置期限なし、後払いの場合は一ヶ月間が期限です。キャンセルはお受け致しかねますのでご注意ください。

送料割引について

商品代金の合計 10,000 円以上で送料の半額分をディスカウント、15,000 円以上で送料無料です。割引はチェックアウト画面で自動的に適用されます。